軽自動車の買取で査定額を数十万円アップさせる方法〜軽自動車売却成功者の喜びの体験談を掲載中〜

軽自動車の買取で査定額を数十万円アップさせる方法〜軽自動車売却成功者の喜びの体験談を掲載中〜

軽自動車こそ中古買取してもらおう!

軽自動車の価値は上昇中です

軽自動車軽自動車というと以前は構造上、事故を起こした時の被害の大きさを考えると、その安全性の低さから敬遠されがちな車と捉えている方も少なくありませんでした。

ですが軽自動車の安全性も上がったことから軽自動車自体の人気も上がり、現在では軽自動車は中古車市場でも取引されている人気車種となってきました。
軽自動車の買取査定を依頼しても、思わぬ高額で買い取ってもらえる事例が増えているのです。

軽自動車が中古車として人気が上がった理由は、一体どこにあるのでしょう。

>>「軽自動車の買取価格を10万円アップさせる方法」はこちら

軽自動車こそ買取がお勧めできる訳

軽自動車こそ中古売却をしなさいと世間でいわれるようになってきました。
これは以前、中古車市場でも安値販売、安値査定が主流であった軽自動車が、ここまで人気となった理由というのに、やはり維持費の安さがあります。

軽自動車こそ売却がおすすめできる訳自動車というと多くの方が理解しているように、他の商品の様に購入したらそれで終わりではなく、購入後も車検や税金、保険など様々な維持・経費が必要になります。
主婦やセカンドカーとして利用できる自動車を探している方、社会人になって間もない方などにとっては、少しでも維持費が抑えられる車をと望む方が増えてきているのです。

そこで多くの方が購入を検討するのが、軽自動車です。
軽自動車のコスト面でのメリットとなる部分を重視することで、大勢の方が軽自動車に乗るようになってきています。
同時に中古車市場でも、他の車を超えるほどその人気が急成長してきています。このニーズの高さは、中古市場の買取価格にも影響が出てきています。

軽自動車の中古買取

軽自動車の中古売却軽自動車というのは維持費以外にも運転のしやすさや、自動車メーカーの企業努力もあって、以前と比べると格段に安全かつ、運転もしやすくなっています。

その結果軽自動車に乗る人はどんどん増えて、軽自動車の販売台数も増えると、それに伴って中古市場でも軽自動車の人気や需要が高まり、売却時の査定もどんどん査定アップが期待できるようになってきています。

そのため所有する軽自動車の買取や査定に出そうかと考えた場合には、買い替え時に下取りを依頼するよりも、中古車を多く取り扱う買取査定を行う店などへ依頼する方がお得になる可能性も高くなってきます。

特に軽自動車の場合は、空前の軽自動車ブームも手伝って、以前より査定額が数十万もアップしている、アップが期待できる車種もあるので、まずは軽自動車こそ中古売却をしようと考えるべきです。

まずは、一括サイトなどで査定だけでも依頼してみることをお勧めします。

わたしの軽自動車買取体験記


驚きの高額査定に思わずびっくり。
ホンダ ライフ
友人に教えてもらって、試しに車一括買取サイトを利用してみました。思いの外高く買い取ってもらえて驚きました。
主婦 K.T.さん(34歳女性)

7年落ちの中古車、走行距離は6万7千キロほどでした。
ダイハツ ムーブ
同僚に教えてもらった車一括査定サイト。車を売却したお金で海外旅行に行こうと思っています。
OL Y.M.さん(28歳女性)


気軽な気持ちでズバットを利用してみました。
日産 モコ
速攻で査定額がわかり、理想的な査定結果でした。交渉すると気持ち良く上乗せしてくれました。
会社員 M.H.さん(36歳男性)


軽自動車・ディーラー下取りのデメリット

愛車を売るとき、ディーラーの下取りか中古車買取専門店の下取りかで悩むことが多いかと思います。
新車へ乗り換えるなら、愛車の売却と新車の購入がいっぺんにでき手続きも楽なので、ディーラーに任せるという方も多くいるでしょう。
ところが、ディーラーで下取りをした場合、約7割も損をすると言われています。

軽自動車・ディーラーの下取りで損をする理由とは?

1、査定額が安い
ディーラーの下取りで損をする中古車の買取査定のときに「レッドブック」と呼ばれる赤い本を目にしたことがあるかもしれません。
レッドブックとは有限会社オートガイドが発行している月刊誌で、車の車名・年式・型式別の下取価格・卸価格・小売価格・新車価格、さらに走行距離・車検残期間等による価格の変動についてが記載されています。
そしてこの記載金額ですが、実際の取引相場と比較して低めの設定となっているのです。
ディーラーはこのレッドブックを参考に査定額を出すため、中古車市場の需要が無視され下取り額が相場から大きくかけ離れてしまう恐れがあります。

2、下取りよりも新車の販売
ディーラーで下取りをしているのは、値引きと絡めて新車販売の商談をしやすくするためでもあります。
下取りのみでは営業成績にはなりません。
やはり自社の新車販売が一番の目的となります。
また、ディーラー査定の下取り額が高額な場合、本来新車から値引きできる金額が含まれていることもあります。
最初に下取り金額をできるだけ安く見積もり、後に買取相場の限界まで査定額を引き上げると、新車の値引きがなくても買取金額が高かったので「納得してしまう」ということがあります。

本当は、新車の値引きできる金額はあらかじめ決まっているので、下取り車があってもなくても新車の金額に変わりはないのです。
さらに、ディーラーは下取りした車を中古車買取専門店へそのまま売却するため、その上で利益が出るように査定額をつけています。
得したようで、実は損をしているというケースはたくさんあります。

ディーラーでの高額買取は見込めない

営業マンは中古車の買取取引相場を把握していないことも多く、下取りの基準になるのは基本的に低い金額で書かれた専門誌です。
ディーラーで下取りに出すメリットは、売却と新車購入の手続きとが一緒にできるので「手間がかからない」という点だけなのです。
査定額は気にせず、手続きの手間を省きたいのであればディーラーでの下取りでも良いとは思いますが、市場相場にあった金額での下取りや高額査定を期待する場合には、ディーラーでの下取りはおすすめできません。

無料一括サイトで買取相場を知ろう!

無料一括サイト車を下取りへ出す前に、インターネットの無料一括サイトを使って愛車の市場相場を確認しておくことをおすすめします。
ネット査定は、個人情報や査定に必要な項目入力が面倒だと思われる方もいるかもしれませんが、わざわざ店頭へ出向いて一社一社に査定をしてもらう手間は省けますし、より多くの買取業社から見積りを取ることができるのは、より正確な相場を知るために役立ちます。

また、ディーラーで提示される下取り価格が高いのか低いのかを見分けるための判断材料にもなるので、新車購入の際、営業マンとの交渉時にも役立ちます。
もしかしたらこの見積りの段階で、高額査定をつけてくれる買取専門店が見つかるかもしれませんよ。

市場相場を知らずに商談することのデメリット

営業マンとの商談もスムーズに運ぶディーラーの下取りでは、あくまで新車の購入を目的にくるユーザー向けに、「新車を購入されるのであれば、下取りもしますよ」というスタンスで買取査定を行うため、自分の愛車の市場価値を知らないユーザーは、通常よりも低い査定価格で見積もられてしまうこともあります。

また中古車買取専門店のように、買取価格を他社と比較されることもないため、最低額から提示しやすく、後から新車のディスカウント分を上乗せして高く下取りしたように見せることもできてしまうのです。
買取相場を知っているとそのようなことも回避できますし、営業マンとの商談もスムーズに運ぶでしょう。

無料一括サイトが買取価格を引き上げる?

現代ではインターネット上で一括見積もりをすることも珍しくなくなりました。
それに伴って、中古車の無料一括サイトも多く存在するようになり、今では複数の買取専門店の間で買取価格競争になることが大半です。
市場価値の高い車種が他社との買取合戦になった場合、買取価格を引き上げることは少なくありません。
一括査定を行うことは、買取業社同士でも比較し合うことになり査定金額を引き上げるきっかけにもなるのです。

できるだけ高く売りたいという気持ちで

ディーラー査定は買取金額が安くなりがちディーラー査定は買取金額が安くなりがちですが、相場感をきちんと持っておくことでディーラーの話を鵜呑みにすることがなくなります。
納得できる交渉をするためにも無料一括サイトを利用して、知識と愛車の市場価値をしっかりとつかんでおきましょう。

また、一括サイトを利用することで、そもそもディーラーの下取りと買取専門店の下取りのどちらを利用するかも検討することができます。
売却方法や売却先の選択肢が広がるので、これから車の買い替えや新車購入を考えている方は、まずは無料一括サイトを利用してみることをおすすめします。

買取価格を10万円アップさせる方法

軽自動車の買取価格を10万円アップさせる方法軽自動車の一括査定こそ高額の買取が可能だということがお判りいただけたことと思います。

あなたの大切にしてきた愛車です。どうせ買取してもらうなら、少しでも高く買取してもらいたいと思って当然でしょう。
そこで、あなたのお車をより高く買ってもらえる方法をご案内します。

それは、1つの無料一括査定サイトを利用するだけでなく、2つ以上のサイトを活用することです。

1つよりも2つ、2つよりも3つの無料一括査定サイトを活用し、1社でも多くの買取業者を集めて下さい。
少なくとも5〜6社は集めることをおすすめします。
そうすることで、買取業者同士に価格を競争してもらえるので、簡単便利に高額査定をしてもらえます。

それでは、その他の優良無料一括査定サイトをご紹介します。
いずれのサイトも利用は、最初から最後まで無料です。

車買取一括サービスランキング

crown.png第1位:かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド年式や車種、走行キロ数などあなたの車のおおまかな情報を入力するだけで、最大10社に即査定してもらえるオンラインの車一括査定サービスです。
ネット上で簡単に車の概算見積もりがわかるので、わざわざ町の中古車販売店に足を運ぶ手間は一切ありません。
入力した後は、すぐに愛車の査定額がわかるので、忙しい人でも簡単・お手軽に愛車の概算査定額を確認することができますどんな状態の車でも買取してくれます。もちろん利用は無料です。

■わずか32秒の簡単入力でお車の査定概算金額を算出。
■査定初心者の方(女性や年配の方)でも安心・親切。
■日本最大級のネットワークを活かし、厳選された優良企業が集まり、最大10社まで無料査定の依頼が可能。
■業者同士の見積もりで、数十万円もの差が出ることもあります。

>>かんたん車査定ガイドはコチラ!


crown.png第2位:ズバット車買取比較


ズバット

【ズバット車買取比較】は、利用者も50万人以上という人気サイト。しかも利用者の62%もの方が査定金額と内容に満足しているという高額査定実績を誇る、こちらも老舗サイトです。サポート体制が充実しているので、高品質のサービスを受けることが出来ます。初めての利用でも安心安全です。もちろん利用は無料です。

>>ズバット車買取比較はコチラ!


crown.png第3位:カービューのオンライン査定


カービュー

ラジオなどのメディアでも有名な【カービュー】のオンライン査定です。カービューはあのソフトバンクグループが運営する優良サイトで、300万人もの利用者がいる中古車一括査定サイトの老舗です。査定見積もり実績国内最大級。登録業者数が非常に多く、どんな状態の車でも買取してくれます。もちろん利用は無料です。

>>カービューのオンライン査定はコチラ!

carview

「かんたん車査定ガイド」の他に、2位・3位の2サイトを押さえておけば、安心です。 「かんたん車査定ガイド」とうまく組み合わせて、1社でも多くの買取業者を探して競合してもらいましょう。競合業者は多いに越したことはありません。多くの複数業者が競い合ってこそ、高額査定が実現するのです。

軽自動車買取に必要な書類?

軽自動車買取に必要な書類愛車を下取りや売却するときに必要となる書類は意外と多いです。
必要書類の多くは自分で用意するもので、普段は使わないのでどこに閉まったかわからなくなってしまっていることもあるかもしれません。
紛失または破損しているような場合は再発行が必要になる可能性もあるので、書類の所在を確認して事前に準備しておけば手続きはスムーズです。
下取りや買取に必要な書類をご紹介するので、あらかじめ用意をして慌てることがないようにしてくださいね。

軽自動車の場合は以下のような書類が必要です。
<必ず必要な書類>
1、自動車車検証
2、自賠責保険証明書
3、軽自動車納税証明書(当年度分)
4、リサイクル券
5、車庫証明書類(自認書)
 ※車庫証明を代行してもらう場合のみ
6、認印


<場合によっては必要となる書類>
1、住民票
 ※転居しており住所変更をしていない場合、車検証の住所が以前の住所地になっている場合
2、住民票と戸籍の附票または住民票の除票
 ※2回以上転居している場合
3、戸籍謄本
 ※婚姻などで姓が変更している場合
4、行政区画変更証明書
 ※区画整理などで住所が変更している場合


必要書類はいずれも税金を納めていれば用意できる書類です。
大きくは変わりませんが、買取専門店によって持参書類が多少異なる場合や、店側から用紙を用意している場合もありますので、事前に確認しておきましょう。
店によっては、買取専門店が記入して売却に伴い新しく作成する書類もあるかもしれません。
お店の指示に従って、必要書類を用意してくださいね。

軽自動車の買取査定前にやっておくべきこと

「長年乗ったから」「車種が古いから」「走行距離が長いから」と、車の状態によっては高額査定を諦めてしまっている方もいるかもしれません。
また「買取後にクリーニングするのだから、査定前に洗車をしても無駄」という意見や「洗車をすると細かい傷がバレてしまう」という声もありますが、洗車や車をきれいにしておくことは査定額にまったく関係ないのでしょうか?

印象は大事!買取査定をするのは人間

査定をするのはあくまで人間なので、大切にされている車を見て悪い気はしないものです。
きちんとメンテナンスされていて、手入れが行き届いている車であれば、少しでも高い値段で買い取ってあげたいという気持ちになるのが人情です。
洗車すること自体は直接のプラスにはならないかもしれませんが、売却する車に良い印象を持ってもらうことは、価格アップとしてのプラスになります。

車の第一印象を良くする

外装の汚れを落とす1、外装の汚れを落とす
やはり見るからに汚れている車には魅力を感じません。
雨風の汚れや泥はねなど、外装が汚れている場合は洗車してから査定に出しましょう。
また洗車後にワックスをかけるとツヤが出てよりきれいに見えるのでおすすめです。
特にプラスチックやゴム部分は劣化するとツヤがなくなってぼそぼそに見えます。
最近はプラスチック・ゴムの保護や艶出し剤など手軽にコーティングができるカー用品がたくさん出ているので、プラスアルファのお手入れとして取り入れてみてください。
また、意外に汚れているのがタイヤです。
普段はタイヤまでは洗車しない方も、査定前にはタイヤの汚れも落としてみましょう。

2、小さなキズは消す
大きな目立つキズやヘコミまで修理する必要はありませんが、小さなキズであればキズ消し剤を使って消しましょう。
特にドアノブ周りは小さなキズが多くついていることがあります。
修復が簡単にできる程度のキズやヘコミであれば、査定金額に大きく影響しないこともありますが、できるだけキレイな状態で査定に出した方が印象が良いでしょう。

3、内装を掃除する
内装の掃除も良い印象を与えるためには大切です。
特に汚れやすい足元はマットの掃除を始め念入りに行いましょう。
普段からマメに掃除機をかけている場合でも意外と埃がたまっていたりシートの隙間までは手入れができていなかったりするので、査定の前には一度内装も大掃除してキレイな状態で見てもらいましょう。

買取査定日の天気予報をチェック

愛車の査定を出す前に、天気予報をチェックしてみましょう。
実は曇りや雨の日よりも晴れの日の方が査定額はアップしやすいのです。
確かに、曇りや雨の中で細かいキズや塗装ムラを確認する場合には、より慎重になるのでチェックも細かくなり査定も厳しくなりがちです。
晴れた日であれば気分も明るくなり、査定額も上がりやすくなります。
時間も、夜よりも日中に査定をお願いすることで同様の効果が現れます。
査定の際には天気にも注目してみましょう。

愛車を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ32秒、概算価格も24時間どこでも速攻査定!不動車でもOK!
これが、あなたの軽自動車を一番高く売却する奥の手、一流業者が安心査定。
査定額が下がる前に!お急ぎください。
>>最高額が出る!簡単&無料の複数社一括スピード査定。